商圏分析には顧客ニーズの把握が不可欠

subpage01

商圏分析をする際、その商圏における顧客ニーズがどのようなものであるかを把握することが、すべての原点になってきます。


商品やサービスに大差がない時代には、顧客はその時は満足しても、ほかに『もっと安い』あるいは『サービスが良い』といったように、自分の要求や期待に、今以上の良い条件で応えてくれる店や会社があれば、次回からは購入先をそこに変えてしまう可能性があります。顧客ニーズを満たし、満足度を得るだけでなく、顧客との結びつきを強め、固定客づくりに主眼をおいた営業活動を展開していくことが不可欠となります。
どうすればそのエリアにおいて固定客を維持できるかということを考えることが、商圏分析をしていく上での鍵となります。

商圏分析とは顧客分析とも言うことができます。
顧客は、営業マンに自社の業績向上につながるヒントや提案を期待しています。今の不況感に満ちた状況の中でライバルに打ち勝ち、顧客との取引関係を深めていくためには、顧客ニーズにスピーディーに応える営業活動への取り組みが求められます。
顧客ニーズは、技術革新、社会状況、ライバルの動き、商慣行などの影響を受けて、絶えず変化しています。

この顧客ニーズを把握し、それを満たしていくためには、次の5つの問いかけが有効です。


第1に、お客様の言動にこれまでと変わった点はないかです。


第2に、お客様は今何を求めているのかです。

第3に、どうすればお客様の生活や仕事をより便利にできるかです。

第4に、ライバルの動きに変化は見られないかです。そして第5に、どのような場面でライバルを上回る強みや独自性を発揮できるかです。
以上の5つの問いかけに対して、仮説を立てて答えを考えてみるところから商圏分析は始まります。


この5つの問いかけに対する答えを、対象商圏に当てはめて考えてみることで、その商圏でどういった顧客ニーズが存在しているのかが浮き彫りになり、商圏分析に活きてきます。
このように、まず顧客ニーズこそがすべての原点になっていると考えることが、商圏分析の何よりの出発点となります。
最近新聞の間に一緒に挟まっている広告に興味を持っています。

興味を持ったきっかけは、自宅の新聞をためておく場所に自分が近々行こうと思っていたお店のクーポン券があったからです。


それまでは、事前に行くお店のホームページを見て、クーポン券がないかとか安い時間や時期はいつかなど調べていたりしました。
ですがそのときはたまたまいつも行っているお店だからという理由で調べませんでした。


調べなかったために広告にちょっとハマり初めているので良かったと思っています。

何日分かをまとめて新聞から抜き出して、一枚一枚楽しんで読んでいます。

飲食店系はクーポン券がついているときはもちろん嬉しいですが、それ以上にこんな店が近くにあったんだという発見もできます。


今まで知らなかったお店の広告をきっかけに最近1件だけ新しいお店に行きました。


他に衣料品が載っている広告も見ていて楽しいです。

価格が安い衣料品を扱っているお店などの広告は、ちょっと見に行ってみようとか買いに行ってみようという気持ちになります。

私は衣料品は買いに行くものを決めていつも出かけるので、目的のもの以外は見ませんが、広告をきっかけに出かけるときはお店の中を全部見るので、こういう商品も売っているのかという新しい発見があります。


また、ホームセンターや家具を扱っているお店の広告を見ていると模様替えをしたくなります。
模様替えができなくても、ちょっとしたインテリアとしておく雑貨なども掲載しているので、お店へ足を運びたくなる要素はたくさんあります。
そして私が一番好きなのはスーパーの広告です。


食料品はもちろん日用品などの情報も載っており、一枚でたくさん楽しめます。
特にスーパーの場合は、イベントや催し物の情報が載っていることが多く、地方の物産展や在庫処分の安売り情報などは私は楽しみです。
今まで広告を見てこなかったぶんこれからは積極的に見ていきたいと思います。見続けることで新しい発見もあるからです。

名簿の販売の珍しい情報をご紹介しています。

オフィス移転の業者の人気を今すぐチェックしよう。

あなたが探していた名簿業者関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

評価の高い名簿に興味ある方、必見です。

オフィスレイアウトの費用の特徴を紹介するサイトです。

http://news.mynavi.jp/news/2016/04/13/270/

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12109637667

http://getnews.jp/archives/1393585

関連リンク

subpage02














自分で行う商圏分析について

商圏分析は経営を行う上で強力な手助けとなる手法です。より詳細な結果を見るためには専門機関に商圏分析を依頼することもできますが、自分で作業しても見えてくることはたくさんあるため、まずは自分で行ってみることがおすすめです。...

NEXT
subpage03














商圏分析をするポイントについて

商売をするうえで、自分の店舗を出店する地域を知ることは重要であります。繁盛店の店長でも、自分のお店が出店しているお店の商圏を正しく把握していない人も少なくありません。...

NEXT