今日の病院とはどのようなものか

今日、病院は以前と同じように機械的、画一的に患者のケアを行っているだけでは済まなくなりました。
患者のケアを行うだけではなく、患者の家族の心身のケアやグリーフケアにも積極的に取り組まなければならなくなりました。

現在、多くの病院は患者やその家族を個ととらえ、個を重視する運営を行っています。

以前の病院は院内の仕事だけすれば良かったです。



しかし、昨今の地域福祉の充実、地域とのつながり、急速な少子高齢化等によって外部の機関とも連携して業務をしなければならなくなりました。

渋谷の病院等で対策が練られいます。

その中でも高齢者の老後の生活を支援するケアマネジャーと仕事をする医師が増えています。


必要に応じて病院の医師は高齢者の患者のケース会議等に参加し、他の医療・介護スタッフやインフォーマルなサービスを提供する人々、家族等とどのようにすればその患者が長期間にわたって安定した社会生活を営む事が出来るかを考えます。
病院は地域の人々の心身の健康を支援する場所として以前よりも重要性が増しています。
閉鎖的な存在からより公的な存在になったため、そこで勤務をする人々は以前よりも高いコミュニケーション能力を求められるようになりました。


現在、この場所は公的なサービスを安定的に供給する重要な場所になっています。
但し、人々の心身の健康を最優先に考える部分は変わっていないです。


以前よりも個を大切にし、言語によるコミュニケーションの数が増えています。



地域の人々の健康をまもるためのものになっています。